MENU


BLOG

水の月

深緑も鮮やかな5月も終わり、6月を迎えました。
季節的にはいよいよ入梅ですが、個人的にはまだまだ若葉が力強く成長するこの5月6月の爽やかな気候は1年の中でも最も好きな季節です。
6月の和風月名は『水無月(みなづき)』ですが、梅雨でもあるこの季節がどうして水が無いのでしょう。。。
気になって調べてみますと、諸説あるものの一般的に「無」は「の」を表し、田んぼに水を引く『水の月』という意味だそうです。なるほど・・・
梅雨の湿気はさすがにテンションが下がりますが、盛夏に向けた潤いと割り切って楽しむ方法を考えてみたいものですね。

無料の出張個別相談を行っています!

 

About us(English)

ブログの更新

10月 2018年11月 12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930