MENU


BLOG  デザイン

萌黄

新緑の若葉が美しい季節になりました。
1年を通じて、錦に染まる秋の紅葉も好きですが、ちょうど今頃の萌黄色が目を癒す季節はエネルギーをもらえる気がします。
古来より萌黄色は若者向けの色として鎧などにあしらわれていたようですが、やはりいつの時代も自然から得られる色からパワーを表現するのは変わらないようです。

≫ 続きを読む

咲く

季節は春、真っ盛り!昨日は裏山で息子とタケノコを取ってきました。
今年は桜が比較的長い期間楽しめたような気がします。

花粉に黄砂などつらいイメージもありそうな季節ですが、道端や山に目を向けてみると色とりどりの花や鮮やかな新緑が楽しめます。
そうすれば、花粉や黄砂の事もいつの間にか忘れている・・・気がします。

≫ 続きを読む

年度末

いよいよ年度末で、何だか慌ただしいような気の引き締まるような思いです。
今年度は、息子が通う学校のPTA会長を仰せつかっているので、新年度への引継ぎや、卒業式入学式の祝辞などで気の抜けない日々が続いています。

昔から日本人は節目を大切にするので、年末年始や二十四節季と同じく年度末というのは特別な感覚ですね。
4月から新生活がスタートする方やそのご家族は別として、これといって日常生活が劇的に変わるわけではないのですが、なぜか気の引き締まる思いです。

変わらない日常をダラダラと過ごすよりは、何か節目を見つけて強制的に日常に変化を与える方が、活気が出て良いのかもしれません…。

≫ 続きを読む

変わる

立春を過ぎ、少しずつ気候も気持ちも春モードになりつつあります。
古来より節目を大切にしてきた日本人は季節の変わり目を境に何か新しいハッピーを期待しつつ生活しています。

早起きしなくてはいけないのに、少しは運動しなきゃいけないのに・・・普段の私たちの内側は何かきっかけや動機を作らないとなかなか変われないものですね。

少しずつ梅もほころび始めた今、ちょっとでも行動に表してみよう!と思います。

≫ 続きを読む

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
旧年中はご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
今年は辰年、昇り龍でさらに邁進させて頂きたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

≫ 続きを読む

龍 竜 辰

いよいよ令和5年も晦日が近づき、新年度を迎えようとしています。
令和6年は辰年。十二支の中では唯一空想上の生きものっですが、龍神様と言われるように神様ですね。
辰という字は、古来から「ふるう、ととのう」という意味があるそうで、陽気がふるい、草木は成長しととのう状態を表すそうです。
そんな辰年の令和6年はこれまで積み上げてきたことが結実する期待感が膨らみます。
今年も1年間、ご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
皆様もより健やかで穏やかな新年を迎えられますように・・・。

≫ 続きを読む

神帰月

酷暑の夏が終わり急に秋が来たと思えば、あっという間に11月が近くなってきました。
既に来年の仕事のご依頼も増え、このまま年内は駆け抜けていくのでしょう・・・
一般的に11月は霜月とも言われますが、「神帰月(かみきづき)」という和名もあるそうです。
10月は神様が出雲に集まられる事から神無月。そしてお帰りになる11月は神帰月です。
神様もお忙しい・・・

≫ 続きを読む

共に

最近知ったビジネス用語の一つで「共創」という言葉があります。これは、環境の急激な変化の中で、単独ではなく、様々な立場の人たちが協力し合って新たな価値を創造することだそうです。
一方、「共生」という言葉は以前からよく使われているような気がしますが、こちらも字のごとく「共に生きる」事です。

人同士、会社などの組織同士、人と自然との間で、どちらかに優位性が有るかではなく並列の価値観の中で違いを認識しながら「共に」というのが本来の生きやすさなのだと思います。

≫ 続きを読む

雨もいろいろ

季節は梅雨真っただ中。今日もいきなりザーっと降ったり、しとしと降ったりと終日すっきりしない天気です。
そういえば、雨の降り方ってどれくらい名前があるんだろう?と思って調べてみると、なんと数百種類!もあるそうです…。

強い雨を表すのは「集中豪雨」「ゲリラ豪雨」など馴染み深いのですが、弱い雨となるとそれはもう情緒的。

「小糠雨(こぬかあめ):音を立てず静かに降る」
「天涙(てんきゅう):雲が無いのに降る細かい雨」
「翠雨(すいう):青葉に降り注ぐ恵みの雨」
「酒涙雨(さいるう):七夕に降る雨」

ほんの一部ですが、これらを使い分けて過ごせたらきっと心豊かな毎日になるのでしょう。

≫ 続きを読む

さつき

5月は、五月(さつき)とも言い「皐月」とも書くようです。
この「皐」という字が普段はあまり使わず気になったので調べてみると、・水辺の土地・高い場所・大声で呼びかけるという意味があるそうです。
季節的にはやはり「水辺の土地」という意味が語源なのかもしれませんね。
私どもの住む地域でもた田んぼに水がはられて晴天の日には水鏡の様に綺麗です。
新緑の季節を豊かな自然と人の営みを通して楽しみたいと思います。

≫ 続きを読む

無料の出張相談を行っています。

 

About us(English)